海外FX業者の取引スペックについて

NO IMAGE

注文の取引形態は取引の透明性や契約について大きく影響してきます。
まずスプレッドや取引手数料で選ぶパターンです。FX事業者同士の体スプレッド競争は国内どころか海外ではさらに金としています。
海外のFXの事業者のほとんどは変動制を用いていますが口座によっては固定性と変動制に分けているところもあります。

ちなみに固定制は国内のFX業者と比べてもかなり広く取引手数料もありません。一方の変動制はインターバンク直結で取引手数料も必要になってきます。
結論から言うと固定制については基本的に利用価値が低く変動性については手数料は必要になりますが非常に低いスピードを実現してくれます。

また海外FX業者はマイナーな通貨ペアを数多く取り扱っているのですが、リスクが高くなる事は必然なのであまり選択しないことをお勧めしたいと思います。

次にボーナスです。ボーナスはこれをしてくれた取引に使える証拠金をいくらか提供すると言うお得なサービスになります。条件と種類ですが、まず、口座を開設すると数万円分のボーナスがもらえたり入金したら入金分の比率に従ってボーナスがもらえる、取引数量に応じてキャッシュバックとしてボーナスがもらえるような様々なタイプがあります。

このようなボーナスは有利に取引を進めるための条件として必須です。
それぞれの事業者でボーナスの内容は大きく異なりますのでインターネットや口コミなどでチェックをする必要があります。

海外のFX事業者の口座取引については、比較的国内のFX事業者に比べると短い期間で終了することができます。場合によっては1週間もかからないこともあるでしょう。

氏名や住所電話番号、メールアドレスや銀行口座情報といった基本情報だけがあれば簡単に口座開設等も入力することができます。さらに、身分証明書等をインターネット上でスキャナーをかけてアップロードするだけで簡単に口座を開設することができます。

身分証明の確認が終われば次に取引ツールをダウンロードすることになります。通常取引以外の機能は全て利用できるようになりますが、事業者によっては入金するまでは自分の取引アカウントがログインできない場合もありますので注意が必要です。

そして実際に口座が開設完了したらトレーディングアプリをインストールして取引開始と言うことになります。
様々なトレードアプリがありますが、比較的世界でシェアが高いものを使えば安心できるでしょう。