少ない元手から始める海外FX!

NO IMAGE

近年は働き方改革により副業を認める企業が増えてきていることや、リモートワークの普及で自由な時間を確保しやすくなっていることから、副業にチャレンジする人が増えてきています。

その中でも、手軽に取り組むことができるため、おすすめなのがFXです。
FXというと、PCに張り付いて為替変動のグラフを見ているイメージや、専門的な知識がないと参入すらできないような堅苦しいイメージを持たれることが多いと思いますが、実際はそんなに難しいものではありません。

もちろん、コンスタントに利益を叩き出すには、専門的な知識や戦略が必要となりますが、副業として取り組むのであれば、知識ゼロから始めることも不可能ではありません。
また、起業などと違い、まとまった元手が無くても始めることができるというのも副業初心者にとってありがたいポイントです。

ただ、FXを実際に始めるにあたって、一番最初に悩むのはどのFX会社を利用するかではないでしょうか。
最近ではいろいろな会社が積極的にFXの広告を打っているため、目についたものを使ってみようと思う方も多いかもしれません。

また、周りのFX経験者からの口コミで選ぶ人も多いでしょう。
しかし、FXで成功するためには、実はこの会社選びが一番重要といっても過言ではありません。

はじめは適当な会社で登録して、慣れてきたらもっといい会社に鞍替えしようと考える人も多いですが、FXのツールは会社ごとに大きく様式が異なることも珍しくなく、その場合は移行後に改めてツールの使い方を覚える必要が出てきます。

副業という限られた時間でFXに取り組む以上、無駄な時間をかけずに済むよう、利用する会社はしっかりと選びましょう。
副業でFXを始めるのであれば、おすすめなのが海外のFX業者です。

そもそも海外のFX業者は候補に挙がってこないことも多いと思うのですが、海外FXにしかないメリットもあります。
まず1つ目のメリットとして、海外FXは日本とは桁違いのレバレッジを効かせることができます。

日本のFX会社では最大でも25倍までのレバレッジしか設定することができないため、資金が少ない場合は大きな取引を行うことはできません。
しかし、海外FXであれば数百倍のレバレッジをかけることができる会社は数多くあります。

これは多額の軍資金を用意することが難しい副業にとっては大きなメリットとなります。
もう1つのメリットは、海外FXにはゼロカットというシステムを導入している会社があることです。

FXはレバレッジを効かせることで、所持金以上の取引を行うことができる一方、所持金以上の負債が発生する可能性もあるという特徴があります。
FXで借金を背負ってしまったというエピソードも聞いたことがあるかもしれません。

しかし、ゼロカットが導入されている会社では、取引でどれだけ大きな損失を被っても、入金している証拠金以上のマイナスが発生しないようになっています。
つまり、大きなレバレッジで少ない元手から大きな取引を行いながらも、高レバレッジについて回る借金のリスクに怯えなくてよい、ローリスクハイリターンな取引ができるのが、海外FXの特徴です。

しかし、日本の会社と違い、海外の会社では詐欺の被害が心配だという人も少なくないと思います。
海外FXを検討する中でも、為替の金利差によって定期的に配当を受け取れるスワップの割合がやたら高い会社や、キャッシュバックキャンペーンとして入金額の何倍ものボーナスを還元している会社は、特に詐欺の注意が必要になります。

SNS等でも口コミを収集し、詐欺の被害報告がある会社は避けたほうが無難でしょう。
また、FXに限った話ではありませんが、海外のサービスを利用すると、万が一トラブルになった際の対応も心配に感じるかもしれません。

最近では日本語サポートが用意された海外FXの会社もあるため、トラブルが心配であれば、日本語サポートが用意されている会社を選ぶと、安心してFXに取り組むことができます。